Category Archives: akaniki

ビッグデータねぇ・・・

ビッグデータビッグデータと叫ばれているけれど、見かけたところによれば先日、日本国で行われた選挙においても活用されたとのこと。その分析を行ったのがどこかと思えばNTTデータだった気がする。うろ覚えだけれど、NTTデータはTwitterのデータ解析にも手をつけた気がする。

ビッグデータ(英語: Big data)[1]は、情報技術分野の用語としては、通常のデータベース管理ツールなどで取り扱う事が困難なほど巨大な大きさのデータの集まりのこと [2]。通常は、構造化データおよび非構造化データが含まれ、その多様性とサイズや要求される処理の速度と高度化のため、格納[3]と活用(検索/共有 /分析[4]/可視化など)の実現を目指したもの。 社会的には、総務省が示した、「ビッグデータ」は「事業に役立つ知見を導出するためのデータ」とし」、ビッグデータビジネスについて、「ビッグデータを用 いて社会・経済の問題解決や、業務の付加価値向上を行う、あるいは支援する事業」と目的的に定義するのが[5]、わかりやすい。(「ビッグデータ – Wikipedia」より引用)

それ以前には、公式だったか外部だったかは忘れ待ったものの、言い出しっぺを探し出すシステムも構築されていた。表向きというか一般的には「どのように情報が流れていったかを確認する」ってことだと思うけどね。当然ながらその源流をたどれば、どこに燃料を投下したらより効果的で戦略的な放流が可能かを知ることができるでしょうね。

Continue reading

スポンサードリンク
Posted in akaniki. Tagged with , .

しゃっくりが何かすれば出る

By: easylocum

飲んだり食べたりすると、とたんにしゃっくりが出る。

しゃっくりが出るよく知られる医学的な理由は、横隔膜の痙攣だ。

しゃっくり(噦り、吃逆、嗝)とは、横隔膜(または、他の呼吸補助筋)の強直性痙攣および、声帯が閉じて「ヒック」という音が発生することが一定間隔で繰り返される現象で、ミオクローヌス(myoclonus:筋肉の素早い不随意収縮)の一種である。 しゃっくりは明確な原因がなくても起こるが、飲食物や会話などの刺激がきっかけになることがある。まれに横隔膜の炎症や腎臓病、脳腫瘍といった疾患によって引き起こされることもある。(「しゃっくり – Wikipedia」より引用)

医学的にはそうだとしても、しゃっくりが出る原因にはいくつかあって、自覚していて、かつ、遭遇する確率の高いものは、飲酒だ。

Continue reading

Posted in akaniki. Tagged with , .

文系は嘘つき

By: joris

理系と文系といえば、「きのこたけのこ戦争」よろしく常に戦っている戦線のひとつかもしれない。徹底的に理系は文系を見下し、文系は理系を見下しているからね。

先日、ラジオをきいていると興味深い視点で文系と理系について語られていた。

出演していたのは女性で、もともと理系であったけれど、理由あってガチガチの文系の仕事に就いていた。が、機は熟して、いよいよ理系に戻った時、気がついたことがあるという。

Continue reading

Posted in akaniki.