ビッグデータねぇ・・・

ビッグデータビッグデータと叫ばれているけれど、見かけたところによれば先日、日本国で行われた選挙においても活用されたとのこと。その分析を行ったのがどこかと思えばNTTデータだった気がする。うろ覚えだけれど、NTTデータはTwitterのデータ解析にも手をつけた気がする。

ビッグデータ(英語: Big data)[1]は、情報技術分野の用語としては、通常のデータベース管理ツールなどで取り扱う事が困難なほど巨大な大きさのデータの集まりのこと [2]。通常は、構造化データおよび非構造化データが含まれ、その多様性とサイズや要求される処理の速度と高度化のため、格納[3]と活用(検索/共有 /分析[4]/可視化など)の実現を目指したもの。 社会的には、総務省が示した、「ビッグデータ」は「事業に役立つ知見を導出するためのデータ」とし」、ビッグデータビジネスについて、「ビッグデータを用 いて社会・経済の問題解決や、業務の付加価値向上を行う、あるいは支援する事業」と目的的に定義するのが[5]、わかりやすい。(「ビッグデータ – Wikipedia」より引用)

それ以前には、公式だったか外部だったかは忘れ待ったものの、言い出しっぺを探し出すシステムも構築されていた。表向きというか一般的には「どのように情報が流れていったかを確認する」ってことだと思うけどね。当然ながらその源流をたどれば、どこに燃料を投下したらより効果的で戦略的な放流が可能かを知ることができるでしょうね。

スポンサードリンク

周囲を見わたせば、利用者にその認識があるのかどうかも不明だけれど、データを必死に集めようとする、あるいはデータを必死に分析しようとする、あるいはデータを必死につなげようとする思惑がチラチラ見え隠れする。

上手く利用すれば、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」ではなく、より多数に効果のある戦略的な企画をより短期間に策定できる。よって、短期間で企画を立案できるし、探るための費用も期間的な費用も大きく減らすことができる。(参考(?):パレートの法則とデシル分析 | マーケティング is.jp

<次ページへ>

スポンサードリンク
Posted in akaniki. Tagged with , .