Category Archives: akaniki

包心演技

どのような状態であって、何をしなければならず、何をしてはいけないのか。

それぞれ個々人の問題であっても、外因的要素や常識的に強制される問題によって、自ずと行動が制限される事になる。また、起因する原因が大きければ大きいほど、それらの強制力は増す事にもなる。

Continue reading

スポンサードリンク
Posted in akaniki.

県民手帳全国一覧(2013年版)

【2014年版はこちら→県民手帳全国一覧(2014年版)

それぞれの組織がオリジナルの手帳を作っている事は知っていたけれど、「県民手帳」なるものも存在している事が「全国人気NO.1県民手帳は断トツで長野県。その中身には郷土愛がいっぱい! | 旅行 | マイナビニュース」に掲載されていた。

この記事によれば、「ないのは東京、神奈川、大阪、京都、兵庫、三重、北海道」となっていて、40都道府県が発行しているとのこと。チラッと地元の発行物を調べると確かに存在していて、郵送での購入もできるそうだ。

面白そうなので、早速、全国の一覧を作るべく調査を行なってみた。

Continue reading

Posted in akaniki.

「コードの隙間から相手の思考がだいたい読めるんですよ」

By: Claire Thompson

相変わらず勉強中のそれをよく読むと、なかなか面白い。

人気アニメ「バトルプログラマーシラセ」の中で、「コードの隙間から相手の思考がだいたい読めるんですよ」という台詞があるけれど、確かにそういうものだ。別にプログラムにかぎらず、ネットワーク設計であったり、そういうものにも共通する。

だから、「詳しい人」は論外として、別の専門家がその思想にそって設計したものは、よほど共通化を意識しない限り、何をやっているのか理解する時間で、別の新しいものができてしまうくらいの時間が掛かる。

Continue reading

Posted in akaniki. Tagged with , .